そばかす・肝斑の症状によってレーザー治療や内服・外用薬など、治療方法が異なりますので診察した上で最適な治療方法をご提案いたします。

そばかす治療

学童期に発生することが多く、鼻を中心に左右対称に散在します。
紫外線を浴びる事で、濃くなったり多くなったりします。

主に顔の目の下にみられ大きさは比較的均一で直径3〜5ミリの細かく散在したうす茶色の色素斑です。紫外線によってメラニン色素が沈着することが原因でおこります。
遺伝により起こることも多いです。

治療方法

レーザーの照射が効果的です。

このような方はご相談ください

  • そばかすが目立つようになってきた
  • 痛みや腫れがなく、そばかすをなくしたい

そばかすの治療方法

そばかすの治療には上記の治療法が最も効果があります。



肝斑(かんぱん)の治療

女性に多く、目の周囲を除いた頬の高い位置や額、鼻の下などに左右対称で現れ、地図のような形状をしているしみの一種です。 30代以降に発症する後天性のしみです。ぼやけたくすみが広がったように見えます。 40代以降の女性では、薄い肝斑まで含めると半数近い方に見られます。
肝斑は女性ホルモンが大きく関与していると言われています。 他には妊娠やピル・心理的原因・肝機能障害・皮膚への過剰刺激・そして紫外線も原因といわれていますが、はっきりとした原因は不明です。
レーザー治療はレーザーの刺激により炎症後色素沈着を引き起こす事で余計に濃くさせてしまう為、禁忌とされています。

肝斑の特徴

・両側のほっぺた、ひたい、下あご、鼻の下に左右対称に存在する
・地図のように見える
・女性ホルモンが関係してると言われてる(ピルや、更年期など)
・妊娠や出産の時に出現し、改善しない

肝斑の様々なタイプ

肝斑の様々なタイプ

肝斑の治療方法

薬による治療

⇒トラネキサム酸やビタミンCなどの内服薬や、院内調合の塗り薬を併用しながら根気よく治療を行う事が改善へ大きく繋がります。

トラネキサム酸の効能

炎症を抑える効果で肝斑治療
肝斑の方は、皮膚で「プラスミン」という酵素が活性化しています。このプラスミンが メラニン色素を作る細胞である「メラノサイト」を活性化させます。

当院のそばかす・肝斑治療はここが違います!

1.知識・経験豊富な専門医による肌カウンセリング!

そばかす・肝斑と言っても肌の状態は十人十色です。当院では治療経験が豊富な医師が肌の状態を診断し、状態に合った方法で施術しますのでご安心ください。

2.患者さんにとってオンリーワンの治療をご提案します!

美容外科専門医が肌の診断結果や患者さんのご要望を元に様々なレーザー機器や注入治療、点滴などの幅広い治療法から一番患者さんに合う治療を行います。

3.美顔・美肌治療の組み合わせでより良い効果も!

当院ではイオン導入ピーリングなどの美肌治療も行っております。様々な美顔メニューからより良い効果の出る施術の組み合わせをご提案できます。

ご興味を持たれた方へ
お気軽にご相談ください

お電話でのご相談・お問い合わせは無料

HPを見ただけではわかりにくい、具体的に色々質問したいなど、どんなことでもお気軽にご相談ください。詳しいスタッフが親身になってお答えします。

大阪梅田院
06-6450-4500

沖縄那覇院
098-9797-018

番号をタップすると電話がかかります

電話受付時間
年中無休 10:00〜19:00(盆・年末年始を除く)

電話相談
  • 無料メール相談
  • 初診・カウンセリング予約
  • LINEで相談
  • LINEで相談

お知らせ

無料メール相談

無料メール相談QRコード

QRコードからメールでご相談いただけます。

院長ブログ

instagram クリニック公式アカウント

大阪梅田院ブログ

沖縄那覇院ブログ

facebook

気になる部分から調べる

大阪梅田院キャンペーン

沖縄那覇院キャンペーン

クレジットカード

親権者同意書

美容外科コラム