レーザートーニング・ホワイトPTP+

このような方におすすめしています

  • 肝斑・ADM・そばかす・しみが気になる
  • くすみのない透明感のある肌にしたい
  • お顔の色素沈着が気になる
  • お肌にハリが欲しい
  • しみ等の改善とともにキメ細かい肌になりたい
  • 今までの治療より効果が大きい治療がしたい
  • 施術後すぐに日常生活を送りたい方

レーザートーニングはこれまでレーザーでの治療が難しいといわれていた『肝斑』や『色素性沈着』に絶大な効果を発揮します。

ホワイトPTP+
レーザートーニングで肝斑治療

レーザートーニング

これまで肝斑にレーザーを当てると、メラニンを生成するメラノサイトが活性化し悪化してしまうためレーザー治療は禁忌とされてきました。

しかし、レーザートーニングという専用の照射モードでメラノサイトを活性化させることなく破壊することができるようになり、いままで治療が難しかった肝斑をレーザーで効率よく気軽に治療することが可能になりました。

「レーザートーニング」は肝斑以外にも、色素沈着、ADM、くすみ、開いた毛穴などに効果的で、治療後ははりのあるきめの整った肌へと導きます。

PTPモードとは?
PTP=「Photoacoustic Technology Pulse」

ノーマルモード

強いレーザーパワーを一度でシミの深さまで入れ込むノーマルモードは、火傷や熱損傷が起こるリスクが高く、シミを悪化させる危険性がありました。また、熱放散でエネルギーを深部まで届かせることができずお肌への負担も大きかったです。

PTPモード

レーザーを2回に分けてほぼ同時に照射します。この2連続照射は、通常モード1回分の照射と同じ効果を得ることができますが、照射分割しているため肌に与える刺激は通常より少なく、痛みも軽減されます。

また、従来のレーザートーニングでは治療を継続することによる、ハイポピグメンテーションといわれる白抜けが起きる可能性があると報告されていました。しかし、PTPモードでは原因となるサイトカインの生成を抑えることができるので、リスクが極めて低くなりました。

●弱いエネルギーで照射するため肌表面に傷を付けることなく奥のメラニンのみを徐々に分解していきます

●2連続照射は、通常モード1回分の照射と同じ効果を得ることができますが、照射を分割しているため肌に与える刺激は通常より少なく、治療時の痛みも軽減されます

治療過程は?

1回で治す治療ではなく、徐々に薄くしていく治療です。

  • 施術時間

    10〜20分

  • はれ

    ほとんどありません。ごくまれに赤みやかゆみがおきることがあります。もし、症状が強い場合は冷やしてください。

  • 痛み

    ほとんどありません。ゴムで少しはじかれたくらいです。

  • メイク

    治療直後より可能です。

  • 洗顔

    当日から可能です。洗顔は皮膚を強くこすらないように優しくして下さい。

  • 麻酔

    必要ありません。

  • 入浴

    入浴は翌日より、シャワーは当日より可能です。

レーザートーニングの特徴

1064nmと532nmの2種類のレーザー波長を搭載しており、症状によって使い分けます。


  • 真皮層にメラニンが異常に分布


  • レーザー光によってメラニン顆粒のみ選択的に破壊

  • 壊れたメラニンは蒸散するかマクロファージにより除去される

ご興味を持たれた方へ
お気軽にご相談ください

お電話でのご相談・お問い合わせは無料

HPを見ただけではわかりにくい、具体的に色々質問したいなど、どんなことでもお気軽にご相談ください。詳しいスタッフが親身になってお答えします。

大阪梅田院
06-6450-4500

沖縄那覇院
098-9797-018

番号をタップすると電話がかかります

電話受付時間
年中無休 10:00〜19:00(盆・年末年始を除く)

電話相談
  • 無料メール相談
  • 初診・カウンセリング予約
  • LINEで相談
  • LINEで相談