ベビーコラーゲンとは

ベビーコラーゲン

世界初
T型コラーゲンとV型コラーゲンが50:50で配合された唯一のヒト胎盤由来コラーゲン注入剤です。

目元や頬、口元のちりめんじわや乾燥、唇の乾燥改善などに効果があります。また、しっかりとついてしまった折れじわなどもよい適応です。

自身のコラーゲンを増やすことで美肌・肌質改善効果を高めます。

1回目の注入の効果持続期間は約半年、2回目の注入で約1年半から2年となります。

※ベビーコラーゲン注射を受けた方は献血をお控えください。

コラーゲンは、皮膚の真皮・靭帯・骨・軟骨などを形成するタンパク質の一つで、生体の全体のタンパク質の約30%を占めています。

ベビースキン

真皮のコラーゲン線維は主にT型コラーゲンとV型コラーゲンにより構成されており、皮膚のハリを支持しています。

加齢とともにV型コラーゲン対T型コラーゲンの比率が低下することが知られており、これが真皮の物性変化に関係すると考えられています。

つまり、赤ちゃんの頃はV型コラーゲンが多く含まれているため、ぷるぷるのまさに「ベビースキン」なのですが、加齢とともにV型コラーゲンが減少し、お肌のハリやツヤが損なわれていくと考えられているのです。

V型コラーゲンが注目されているのはなぜ?

30歳代から、肌内部のハリ強度は低下し始め、全体のハリが不均一になります。ハリが不均一になっている部分に一致して、V型コラーゲンが減少している事が明らかになりました。肌内部のハリ強度低下は進行すると小じわなど、外見上の質感にも影響を及ぼします。

また、近年の研究では、V型コラーゲンの持つ再生能力が注目され始め、傷が治癒する初期段階において、V型コラーゲンが治癒・再生の土台として働く事がわかりました。

再生能力の高いV型コラーゲンを補充することにより、これまで難渋していた目回りや頬などのちりめんじわの修正に適しています。

コラーゲン注入剤が注目されているのはなぜ?

真皮の70%はコラーゲンから作られており、ヒアルロン酸は1%未満しか含有されていません。

ヒアルロン酸はボリュームアップをさせるのには最適な製剤ですが、自分自身のお肌の若返りにはコラーゲン注入剤が向いています。

ヒアルロン酸とベビーコラーゲンの違い
  ベビー
コラーゲン
ヒアルロン酸
シワ治療
(特に小じわ)
◎◎
持ち上げ力
(ハリ感↑)
造形 ×
持続力
組織再生能力 ◎◎ ×

ベビーコラーゲンの持続力は、初回は半年程度ですが、繰り返し注入することにより、1年〜1年半以上効果が持続するようになります。

このような方に
おススメしています

ベビーコラーゲンはこのような方におすすめ

深いシワやたるみ、くぼみの治療はヒアルロン酸が適していますが、浅く・細い、ちりめんじわにはベビーコラーゲンがおススメです。

ベビーコラーゲンは、直後からのふっくら感と、1か月後からのハリツヤ感、自身の真皮コラーゲンとして定着することで肌再生まで期待できます。

※ベビーコラーゲン注射を行った患者様は、輸血を行うことができなくなります。ご自身が輸血を受けることには差し支えありません。

ご興味を持たれた方へ
お気軽にご相談ください

お電話でのご相談・お問い合わせは無料

HPを見ただけではわかりにくい、具体的に色々質問したいなど、どんなことでもお気軽にご相談ください。詳しいスタッフが親身になってお答えします。

Call:06-6450-4500

診療時間 10:00〜19:00
電話受付時間 10:00〜13:00/14:00〜18:45
休診日 不定休(年末年始、お盆は休診)

  • 無料メール相談
  • 初診・カウンセリング予約
  • LINEで相談
  • LINEで相談