☆40代から始める美容医療☆ Part 1

いつも当院のブログをご覧いただきありがとうございます

この度はレーザートーニング機械の故障により、多くの患者様にご迷惑をおかけしていることをお詫びいたします。

いち早く再開できるよう法人・クリニック全体で検討しておりますので、今しばらくお待ちくださいませ。

さて、ひさしぶりのブログ更新

ここ最近はセミナー尽くしでございました

東京に行って~♪

アラガン社のボトックス10周年記念シンポジウム

アラガン社長のAgnes・Lim先生と念願の2shot

ボトックスって魔法

大阪で~♪

マレーシア Clique ClinicのMedical directorの

Tingsong Lim先生とも強引に2shot 

エランセの可能性を実感

充実の日々でございました。

さて、本題!

お題の通り、「40代からの美容医療」について、少し連載チックに書いていこうと思います1回ではボリュームがすごいことになるので笑。

もちろん、20代、30代の方も、40代になるのはどうやっても避けられないのでこの先のご参考にしていただければと思いますし、もちろん、早く始めるに越したことはありません。

私も40歳を過ぎて早〇年が経過し・・・30代後半からのお肌の衰えに戦々恐々しておりますが

私は子育ての経験がないのですが、おそらく私と同年代の女性は、少し子育ても落ち着いて、自分の時間もそろそろ持てる頃になってきたのかな?と思います。

また、私と同じく仕事に邁進し気づけば40代に突入された方もたくさんおられると思います。

そして、ふと鏡を見た時に「はっ・・・」と思う事、ありませんか?

あとは、夜の電車に乗った時、窓にうつる自分を見て、「・・・誰・・・?」みたいな・・・

自分に時間をかける余裕がなかった・・・・。

頑張って働いて、自分へのご褒美に高級化粧品を使っていたのになぜ・・・。

感じる事は人それぞれだと思いますが、それは仕方のないことなのです!

時間の経過は、前世でどんなに徳を積んでいても、神様にお願いしまくっても、みな平等。

それに伴う加齢的変化もみな平等。

だけど、どうせ平等に年を取っていくのなら、なるべくゆっくり、美しく、品よく、そしてこれは年齢を重ねた女性にしか醸し出せない余裕や知性をもって、人生を過ごしたいですよね

わざとらしく無理して若作りをする必要はないと思います。

年齢には年齢に応じた美しさがあると思います

でも、でも、例えば同窓会で、「変わらないね~」「きれいだね~」って言われたい!

周りのみんなよりちょっとでいいから輝きたい!というのは多くの女性が感じていることではないかな?と思います。

美容医療って、お金がかかる・・・という印象があるかもしれませんが、そこにある眉間のしわや額のしわは、10万円のクリームを10年使って絶対に消えることはありません。

ボトックスなら?

気になるほうれい線、マリオネットライン、数十万円するホームケア美顔器を週に数回使い続けても大した変化は得られません。

ヒアルロン酸なら?

20代からどんどん減り続けるコラーゲン、一生懸命コラーゲンドリンクを飲んでも都合よくお顔のお肌にハリをもたらしてくれることはありません。

ベビーコラーゲンなら?エランセなら???

無理な若作りを目指さないのであれば、美容医療中毒になることもありません。

計画を立てて、やるべき時期にやるべき治療をすれば、ぐんと肌時計が進むのを遅くすることができるのではないかと思っています

次回は、「加齢とはボリュームロスとの闘いだ!」をテーマにしていこうと思います

ぜひお目を通していただければと思います

それでは大変長らくお待たせしました、今回のブログ割の合言葉・・・

今回はちょっと今までとパターンを変えてクイズ形式です!

ずっとブログを読んでくださっている方は、「あー、もう、はいはい」という感じだと思います

3月4日の18時迄にご予約のお電話をお掛け頂き、「ブログを見た&答え」をオペレーターへお申し付け下さい。使用期限はご予約より2週間以内とさせて頂きます。

施術が20% offになるチャンス!

※先着1名様限定、ご予約後のキャンセルは極力お控えください

※キャンペーン、モニターについては10% offとさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました

黒田でした