いろんなことができちゃうボトックス治療☆Part 1

いつも当院のブログをご覧いただきありがとうございます

ブログの更新が滞ってしまいました・・・申し訳ありません

セミナーなどなど、日々勉強に励んでおります

さて、本日はボトックス治療のご紹介

まず、ボトックスとは何か?

ボトックスというのは実はアラガン社の製品名で、薬剤名はA型ボツリヌストキシンといいます。

このボツリヌストキシンは、筋肉を収縮させるアセチルコリンという物質の放出を抑制することにより、筋肉の緊張をゆるめる働きがあります。

ここでは、当院で扱っているアラガン社のボトックス、で統一させていただきますね。

みなさん、ぐーっと眉間にシワを寄せてください。あるいは、ぎゅっと目をつぶってください。

はいっ、アセチルコリン放出されまくってます!

これがずーっと続くと、表情じわとしてクセがついてしまうのです!

知らず知らずに何十年もやってきた筋肉の過度な緊張が、シワとして残ってしまうなんて

そんな過度の緊張にさらされてきた筋肉を解放し、リラックスさせてあげるのがボトックスの主な働きです。

お顔にはたくさんの筋肉がついています。

眉毛の少し上からおでこにかけて広がる前頭筋。主に目を見開いたり眉毛を上にあげる方向に働きます。

目を開ける時に、眉毛も上げてしまうクセのある方、結構多いと思いますが、これが積み重なると、額の横じわになってしまいます。

眉毛を内側に引き寄せる働きをする皺鼻筋、眉頭を下に下げる働きをする鼻根筋。

これに過度な緊張が加わると、眉間のシワにつながります。また、顔をしかめるクセのある方は、この皺鼻筋が発達して(いわばずっと筋トレさせられているようなものですから)、眉の上がぼこっと膨らんだ、男性的な顔つきになってしまいます。

また、同じように顔をしかめた時にできる鼻の横じわは、鼻筋の緊張によるもの。

笑った時や強く目を閉じた時に、目尻に放射状にできるシワは眼輪筋。

笑った時に前歯の歯茎が見えてしまう、いわゆるガミースマイルは上唇挙筋。

唇の上の縦じわは、口輪筋。

いつも不機嫌に見えてしまう、口角の下垂は口角下筋。

顎の梅干しじわはオトガイ筋。

角ばった顔や張り出したエラは咬筋(もちろん、これは筋肉だけの問題ではないこともありますが)。

と、このように、表情はいろんな筋肉の緊張によって生み出されているのです

これらの筋肉の過度な収縮をコントロールし、シワを予防するのがボトックスの役割です。

ボトックスって、顔がひきつったようにならないの?

顔面が固まった人形みたいになりそうで怖い

おでこのシワを消したら目が開かなくなるって本当?

このような不安をお持ちの方、多いですよね

確かに、やりすぎてしまって不自然になってしまっている海外セレブの方々もたまにお見掛けします。

患者様のお顔のクセや左右差、筋肉の発達具合や、「ナチュラルに仕上げる」という事を考えずに、決まりきった投与量で、決まりきった場所に注入すると、そうなってしまう事もあります。

だいたい、3~4か月もすれば元に戻ってくるのですが、患者様にとってはその3~4か月が果てしもなく感じられるつらい時間になってしまいますよね

当院では、患者様のお顔をしっかりと見て評価し、どの筋肉をどの程度緩めればナチュラルにシワを防ぐことができるか、という事を一例一例しっかりと考えてから施術します。

また、最初は少量から始め、2~3週間後に再来院していただき、必要があればタッチアップして仕上げる、という方針をとっておりますので、初回注入後から1か月以内のタッチアップは無料でさせていただいております(キャンペーンは除きます)。

実際、「過去にボトックスをやったけど、顔が不自然になってすごくイヤだったので、二度とボトックスはしない!」と仰る患者様も、当院で再度チャレンジしていただいて、非常にご満足をいただいております

あまりに効果があって、もっと、もっと、となってしまうと、前述のように不自然なお顔になってしまうので、その時には、今はやらない方がいいよ、とアドバイスさせていただくこともございます。

額の横じわ、不機嫌に見えるしかめっ面、眉間のシワ、目尻の表情じわ、エラなどにお悩みの方は、ぜひ一度カウンセリングにお越しくださいませ

それでは、今回のブログ割合言葉

ボトックスで、お顔の筋肉もリラックスさせてあげましょう

11月11日の18時迄にご予約のお電話をお掛け頂き、「ブログを見た&合言葉」をオペレーターへお申し付け下さい。使用期限はご予約より2週間以内とさせて頂きます。

※各院先着1名様限定、ご予約後のキャンセルは極力お控えください

寒くなってきました。皆様、お風邪などひかれないようにご自愛くださいね。

黒田でした