肝斑は改善する!!!肝斑治療徹底マニュアル!

いつも当院のブログをご覧いただきありがとうございます

今年は本当に台風が多いですね。

昨夜も大変な豪雨と暴風でしたが、皆様ご無事でしたか?

さて、本日はタイトル通り、肝斑治療の基本を改めてご紹介いたします

いきなりですが、まずはこの写真をご覧ください(心臓の弱い方は薄目で見てください)↓

ひぃぇあぁぁあ☆◆*□〇●!!!!!なんじゃこれ。

ええ、私、黒田でございます。

上段が昨年10月、下段が今年の8月上旬でございます

両方ともアイメイク以外はすっぴんです。

Beforeの問題の部分を拡大。

ほんま、なんじゃこれ笑。鼻の下長いし。

両頬対称に、境目なくぼやっと広がる茶色いやつ。デーモン小暮メイクじゃないですよ。

これが、典型的な肝斑(中等~重度)です。今のところ、私よりひどい肝斑の患者さんを見たことがありません・・・(クリニックでは、という意味です)。

肝斑の原因は、はっきりとは解明されていませんが、ホルモンバランスの乱れ、紫外線、ストレス、摩擦などありとあらゆるものが関連しているといわれています。

私の場合は、重度の月経前症候群、軽度の子宮内膜症の治療目的に定期的にピルを飲み始めたのが明らかな原因でした。

できてしまうと、ピルをやめても残念ながら戻りません

レーザートーニングを知り、何度か通って一時的によくなり、安心して放置するとまたすぐ出てくる、を10年くらい繰り返していました。

はいっ、これが正しい肝斑治療をやった結果です

肝斑、ほとんど見えなくなりました!

生理前になると少し濃くなりますが、普段のメイクで全然カバーできる程度です。

鼻の下が長いのはどうやってもごまかせません!遺伝なんだもの。

(ちなみにほうれい線は10月にヒアルロン酸を注入して浅くしました!かれこれ1年近くたってこの状態ですこのあとVST shapeを受けたので今はもう少し浅いですよ!)

では、私はどうやってこの状態に持っていったのでしょうか?詳しく書いていきますね

1.肝斑治療基本の「き」、スキンケア

徹底的なUVケア

摩擦を避ける

紫外線、摩擦は肝斑を悪化させます。肝斑はエセ美容マニアの方がなりやすいです。というのも、過度な洗顔、スクラブやゴマージュでの摩擦、タオルでゴシゴシ拭く、コットンでひたすらパッティングする、ぐいぐいマッサージ、これらは肝斑を確実に悪化させます。善かれと思ってやっていたことが、重症化させていたのですね。

季節問わず、下地やファンデーションには日焼け止め効果のあるものを。特にPA+++以上がマストです。スクラブ、ゴマージュは全部ボディに使うことにしました。洗顔後はタオルを優しく顔に押しあてるようにして水分を吸収させます。化粧水については、手で押し込むようにするのがベストなのですが、私はコットンで均一になじませたい派なので、パッティングというよりは、コットンで優しく押し込む、という感じでやってます。

マッサージは滑りをよくするように、たっぷりとマッサージ料やオイルを乗せるのがマストですが、特に肝斑のある方は、引き上げる・皮膚をひっぱる、というやり方はNGです。

私はクラランスのドレナージメソッドが一番理にかなっていると思います。

https://www.clarins.jp/スキンケア-200/?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=ad&utm_term=brand

↑ここに簡単なムービーがあります。かなりはしょってるので、詳しいやり方はググるか店頭でレクチャーを受けてください。

今から考えたら、これ、VST shapeのリガメントとか、ウルチェのSMASにアプローチしてるんですよねえ。しかもリンパの流れも良くするんです。ほんとに素晴らしい。

2.肝斑治療基本の「ほ」、内服薬と外用薬

トラネキサム酸+ビタミンCの内服

ハイドロキノンクリームの外用

内服は肝斑の中でもかなりの重要治療と思ってください。本当に肝斑なのであれば、内服だけでかなり良くなる方が多いです。

私は、トラネキサム酸でひどい吐き気が出たことがあるので、ビタミンCのみの内服をしていたのですが、当然一向に肝斑は良くならないので、腹をくくって吐き気止めを飲みつつトラネキサム酸の内服を開始しました(吐き気止めは1週間くらい併用しましたが、それ以降は大丈夫です)。飲み始めて1か月くらいで、かなり薄くなりました!

内服は最低2か月は続け、2~4週間お休み、また2か月飲み続け、のサイクルで続けています。

ちなみにトラネキサム酸は肝斑以外のシミにはあまり劇的な効果は得られませんが、改善する可能性もあると報告されているので、肝斑以外のシミにお悩みの方も内服してもOKです。

ハイドロキノンは、日光に当たると色素沈着が起こる可能性があるのと、とても乾燥するので、夜のみ患部に薄く塗って、しっかり保湿します。

だいたいドクターズコスメの通販などで販売されているのはハイドロキノン濃度が2~5%程度ですが、当院で処方するハイドロキノンは7%と高配合!なので、気になる部分だけに薄く塗るのがポイントです!

ちなみにちなみにハイドロキノンは肘、膝、脇、乳輪、陰唇やケガのあとの色素沈着などにも効果がありますよ

3.肝斑治療基本のん、レーザートーニング&マッサージピール

上記1,2を実行した上で、レーザートーニングの出番です!

大事なのは、最初の10回!

最初の10回は、1週間~10日に1回のペース(short interval)で治療を受けてください。この10回で、今、表面上に現れてきている肝斑にアプローチします。

おそらく、5~6回目までは何も変わらない、と感じる方がほとんどだと思います。むしろ一時的に濃くなることが多々あります。私もそうでした。「全然効かない・・・ていうか濃くなってるし・・・」と心が折れそうになる&怒りすら覚えるのですが笑、がんばって続けてください!7~8回目くらいから「お?」と実感できるはずです!

また、マッサージピールも肝斑治療の補助治療として薦められていますので、short intervalでマッサージピールも併用すると実感が早いと思います。

10回のshort interval期が終わったら、あとは月に1回の維持治療に移ります。これは、真皮にアプローチして、新しい肝斑が出てくるのを抑える目的で行います。

これも、レーザートーニングとマッサージピールを併用するのがベストだと思いますが、私は今はマッサージピールのみ(スキンケア、内服・外用は続行)で維持治療を行っています。

お肌のトーンアップと肌理の改善、ハリ感、ツヤ感はマッサージピールの恩恵を十分に受けております

本気でがっちり肝斑治療フルコースを行う場合は・・・

・まずトラネキサム酸とビタミンC内服を開始、スキンケアの見直し

・週に1回のマッサージピールを15回

・その後トーニング期としてレーザートーニングを週に1回を10回

・維持はスキンケア、内服、外用、月1回のレーザートーニング+マッサージピール

が薦められています!

何よりも、肝斑治療は根気が必要です!また、薄くなったからといって油断しないこと!

すぐに再発しますよ!(年を取り、閉経すると自然に治ると言われてはいますが・・・)

くじけそうな時は、↑の黒田の写真を見てモチベーションを回復してください

エステや化粧品では絶対に治ることがない、これぞ美容医療の実力

有年院長の二重手術のbefore after写真に次ぐ伝説のbefore afterでございます

これ見たら、やるしかないでしょ!!!!!!

黒田でした