海外旅行 tips and techniques?

いつも当院のブログをご覧いただきありがとうございます

なんだかちょっと、7月の後半に比べると暑さがマシなような気がする今日この頃ですが、台風のせいですかね??

私はどちらかというと極度の寒がりなので、そう思うだけかもしれませんが

でも暑いのも嫌いなんですよねー(わがまま)。暑さっていうより、湿気が苦手です。

さて今日は、ほんとは私が今一押ししているヒアルロン酸治療、Vista shape (MD-code technique)について、それから、ただしい肝斑の治療をしていればこうなる!のいずれかを熱く語りたかったのですが、クリニックで撮影した画像がうまく転送されておらず、ちょっと断念。。。。画像がupできしだい、書きますね!

何書こうかなー、と考えて、あ!そうだ、最近私がやってることを書こう!という誰得な内容にすることにしました笑。

いや、でも、これ知っといてもらった方がいいと思いますよ。

脳外科医ならではの海外旅行のtipsをひとつお教えしちゃいます

現在夏休み真っ只中、今週末からお盆休みということで、ご旅行にお出かけになる方もたくさんおられるのではないでしょうか?

最近はLCCを使って、気軽に海外に行くこともできますね

私も9月に夏休みをいただいて、現実逃避しに行く予定です

が!なんと生理が旅行予定日にまるかぶりしてしまいそうなので、生理コントロールに低用量ピルを処方してもらって、生理を早める予定です。

昔から学会などで生理がかぶりそうな時は自分で調整していたので、遅らせるも早めるも結構自由自在。遅らせる場合は、旅行中もずっと薬を飲んでいなければいけないので、できれば早めたい!ということで昨日から内服開始。

まあ、ピルでどえらい肝斑ができてしまった苦々しい思い出はありますが、ここは背に腹は替えられぬ・・・。

肝斑治療のためにトランサミンを内服しているのですが、ピルは血栓症のリスクがあるので、トランサミンの内服量を一時減量することにしました。その代わり、白玉点滴を週1でやろうかなと思ってます。

さてここからが本題。

ピルやトランサミンを内服していない人でも、長時間LCCやエコノミークラスの飛行機に搭乗される方に血栓症予防のtipsを!

まず当然用意しておいてほしいのが、メディキュットや医療用の弾性ストッキング。

脚のむくみを予防するだけでなく、下肢深部血栓の予防にもなります。

ただ、これを履いているだけでは、脱いで動いた瞬間、血栓が飛んでしまうことがありますので、こまめに足を動かしたり、マッサージをしたり、トイレに立ったりするのをお忘れなく。

それから、十分にお水を飲むこと。お酒を飲んで寝ちゃいたい、という方もおられるかもしれませんが、脱水が一番危険です。

トイレに行きたくなるから・・・と水を飲むのを避けるのは絶対ダメ!むしろ何回もトイレに行っちゃってください。通路側の席に座るのがいいですね。

ここまでは当たり前ですね

こっからが脳外科医の裏技。循環器の先生とかももしかしたら実践されてるかもしれませんね。

ご用意いただくのは、バファリン!

成分が、アセチルサリチル酸のものを選んでください。

成分表には2錠分の含有量が記載されているので気をつけてくださいね。覚えてほしいのは、1錠であれば330mg、ということです。

実はこのアセチルサリチル酸、抗血小板作用があり、血栓予防に用いられます。

子供用のバファリンは、成分がアセチルサリチル酸ではなくアセトアミノフェンなので、血栓予防には役立ちませんのでご注意を。また、イブプロフェンも効果ないので、必ずアセチルサリチル酸を選んでください(アレルギーの方はお控えくださいね)。

これを、「明日、もう出発だ!」「えー!今日出発・・・」という方は、搭乗前に1錠(330㎎)内服してください。間違っても2錠飲まないこと!

2錠飲んでしまうと、抗血栓作用が打ち消されてしまいます(アスピリンジレンマというのですが、書き出すと自分が途中で寝る&読んでいる方も寝るので詳細は割愛します).

実際は、低用量の100mgを飲むのが理想的なのですが、100mgで抗血栓作用を発揮しようと思うとちょっと日数がかかります。

なので、急速に血中濃度を上げたい時は、300mg前後内服すると抗血小板作用がすぐに得られます(loading doseと言います)。

注意したいのは、「さっきバファリン1錠飲んだけど、頭痛いからもう1錠・・」は避けてほしいところ。必ずロキソニンやイブプロフェンが成分となっている鎮痛剤を飲んでくださいね。

私のように、まだ出発まで日数がある、という方は、1錠330mgを包丁、あるいはピルカッターで1/4に割って、1日1つ飲んでください(1粒がだいたい80mg~100mg弱になるはずです)

私は果物ナイフでガツンガツンと4分割して、(写真奥のように)100均で買った適当な容器にストックし、毎晩1かけら飲むようにしています。キレイに4分割できるわけではないのですが、だいたい81mg~108mgくらいになればOKなので細かいところは気にしません。

手を切らないように気をつけてくださいね(ピルカッターはアマゾンなどで簡単に買えます)。

1週間前くらいから飲めば十分だと思います。私はピル、トランサミンを内服しているので、3週間飲みます。旅行前にはピルも飲まなくてよくなっているはずなので、旅行中は飲みません。飲むのをやめても血小板機能(血液を固める機能)が完全に回復するまでに2週間かかります。

ただし、これを内服している間、また内服し終わって効果が切れるまでの間は、出血傾向に傾く可能性がありますので、くれぐれもケガをしないように注意してください。

また、ヒアルロン酸注射やBNLS注射などの注入治療も内出血のリスクが高まるので、受けるのであれば内服前か、注入治療後に内服開始してください。

それから、かかりつけのお医者さんから、ワーファリンや、プラザキサ、イグザレルト、プレタールなどなど、血をさらさらにするお薬を出されている方は、この方法はとらないようにしてください。また、高血圧や家族様で脳出血などの出血性疾患をお持ちの方もお控えください。

私のように、ピル、トランサミン内服、40歳以上といった血栓リスクの高い人はおススメです。若い方や、特に血栓リスクのない方は、前述の弾性ストッキング、水分、足の運動で血栓予防につとめましょう☆

(*ただし私は脳外科医としての経験下に十分な薬理作用の知識とメリット・デメリットを理解した上で自己責任で行っております。参考にしてみよう!という方も自己責任となりますのであしからずご了承くださいませ)

この間のブログで紹介した、スティック型の日焼け止め、さっそく買ってみました

AHCのNATURAL PERFECTION FRESH SUNBLOCK SPF 50, PA++++。

これ、なかなかE~~~~~

薄くて持ち運びしやすいし、塗る幅が広くて密着性が高いので、1mmくらいずつover rapさせて塗ると、手で伸ばさなくても隙間なく塗れます!首筋とかうなじあたりも塗りやすい~。

鎖骨とか、ちょっとでこぼこしてるところはジェルや乳液タイプが塗りやすいけど、腕、足など直線的なところはこれですーっといけそうです。

シトラスの香りもE—–。

人によっては少しべたつきが気になるかもしれませんが、私は「なんかしっとりしてる~」と好印象♡

お出かけ時の塗り直し用に最適です

ではみなさま、素敵な週末を

黒田でした