クローバー美容クリニックは前に進む! & more!!!!

いつも当院のブログをご覧いただきありがとうございます

毎日暑いですね

皆様、体調など崩されておりませんでしょうか?

さて、先日、当院でのヒアルロン酸によるリフトアップのスキルアップを図るべく、講師の先生をお招きして実技講習を受けました!

(ヒアルロン酸によるリフトアップについては2018/5/11のブログ記事「リフトアップは新世代へ!」をご参照ください

ヒアルロン酸注入といえば、ほうれい線やゴルゴ線、マリオネットラインなどのシワに注入したり、頬こけなどのボリュームロスを内側から補填するのがこれまでの主な役割でした。

最近では、それだけではなく、たるみの原因となっている、お顔の靭帯のゆるみを改善させてリフトアップする有効性が示唆されております

上の写真では、頬骨や頬骨の縫合線にマーキングし、ほうれい線を引き上げるようにして頬骨上に3~4点、少量の固いヒアルロン酸を注入し杭打ちをします。

そうすることで、目の下のくぼみ、ほうれい線、下がった目尻を上に引き上げることができ、中顔面(鼻の下から目までのエリア)全体の自然なリフトアップ効果が得られます

眉毛を引き上げるように眉下の骨に同じように杭打ちすることで、瞼も上に上がり、二重幅も広げることができます。

さらに顎下の皮膚を耳の下にひっぱるように持ち上げ、杭打ちをすることでシャープなフェイスラインを取り戻します。

顎と首の境目がぼんやりしてきた・・・という場合には、境目にヒアルロン酸を線状に注入することにより輪郭を形成することができます。

全体的なバランスをみて、適宜こめかみや顎先にヒアルロン酸を注入し、卵型のきれいな輪郭を目指します。

人間、顔の輪郭って、若い時はどこからみてもつるっとした卵型なんですが、年を重ねると脂肪が減るだけでなく、お顔の骨も退縮してくるので、極端にいうとひょうたん型の輪郭になってくるんです

→ 

ビューティーブレンダーの形が一番わかりやすいことに気が付いた

どっちが小顔に見えるか、一目瞭然ですよね。

このひょうたん型を元の卵型に近づけましょう!というのが新しいヒアルロン酸リフトアップ(Vista-shape、V-shape)のコンセプトです。

中顔面から目元にかけてのみ、あるいはフェイスラインから顎にかけてのリフトアップであれば長期型ヒアルロン酸 1~2本、全体のリフトアップ・輪郭形成であれば2~4本が目安となります。

実技講習のモニターさんのbefore, afterを見てスタッフ全員、「おお~~~!」と声を上げてしまいました(もともとモニターさんが美形なのもありますがさらに若く美しくなりました!)

大がかりな手術やダウンタイムなしに速攻でかつ長持ちするナチュラルリフトアップを体験したい!という方はぜひ、カウンセリングにいらしてください

先日、淡路島のお友達が大阪にお買い物に来たついでにクリニックに顔を出してくれました~

淡路島といえばたこせん!こんなかわいいmix boxがあるんですね!

そしてたこせんの両脇にちらっと見えてるのが、そのお友達が営んでいる紅茶専門店のおいしいお紅茶

私が学生時代のころから大好きで週3回は通っていたムレスナティーハウスの茶葉を、美人ティーインストラクターのかおりさんがオリジナルでブレンドしてくれます

ほんとにスタイル抜群でお綺麗な方ですスタイルまでも美しい・・・。

淡路島に行かれた際はぜひお立ち寄りを!

MULESNA AWAJI ムレスナ淡路島→ http://thethe-kaori.shop-pro.jp

通販もしています!→ shop@thethe-kaori.shop-pro.jp

かおりさんのblog → https://ameblo.jp/mlesna-awaji/

そして、先日、naniwa音楽隊のvocalist、viviさんがライブにご招待してくださいました

70年代のオールディーズがメインのステージ

常連さんはノリノリでダンスダンス

viviさん・・・めっちゃかわいい・・・。持ってるコスメかぶりまくりで笑えますが、同じコスメ使ってんのになんでこんなに違うの・・・

naniwa音楽隊のライブ、viviさんのライブについてはぜひblogをチェックしてください

https://ameblo.jp/yoco-co-coyo/

皆様、暑い毎日が続きますが、くれぐれも熱中症にはお気をつけください。

しっかり水分、適度な塩分補給を忘れずに!

黒田でした