みなさんご無事でしょうか

いつも当院のブログをご覧いただきありがとうございます

先日の大阪での地震後、皆様ご無事でしょうか。

まだ余震があったり、1週間以内には本震が来る恐れもあるとのこと。

まだまだ予断を許さない状況ですので、皆様安全を第一になさってください。

私も茨木市に自宅があり、当日地震が起こった時には幸い早朝から私用で車で大東市付近まで出かけていたこともあって幸いケガなどは免れました。

ただ、夕方に帰宅してびっくり・・・。

 我が家の台所・・・。

ゴミ箱は3段式になっていたのですがバラバラになっていました。食器も半分以上割れてしまい、足元にはガラス片が大量に・・・。

また、玄関・寝室にアロマのリードディフューザーを置いていたのですが、どちらも倒れ、玄関の床と寝室のカーペットにオイルが・・・

おかげで部屋はいい匂いで充満していましたが・・・。

幸い、水道と電気は通常通り供給されているのですが、ガスが止まったままで、日々のシャンプーや保清に大変苦労しています

昨日からは目の前の公園に自衛隊の方々が来てくださり、入浴支援などをしてくださっています。

私は体は元気なので、仕事後に美容院でシャンプーだけしてもらったり、家で清拭をしたりして過ごしています。ご高齢の方や体の不自由な方、小さなお子様がいて遠出できない方など優先して入浴支援を利用していただければと思っています。

実際に生活に支障のでるような災害に直面したのは初めてなので、改めて「これは用意しておかねば!」と思ったものを今回はご紹介したいと思います

・レインコート、防水レジャーシート

今の季節は特に必要だと思いました。体の保温にも役立つと思います。

・カップラーメンなどの非常食、カロリーメイト

缶詰などは重いので、カップラーメンがいいかな、と思いました。お湯が使えない場合もあると思いますので(今実際そうですが・・・)、カロリーメイトもあると便利だと思います。

・水、OS-1(ゼリータイプ)

お水はたくさんあればいいですが、重いのでたくさんはすぐに運べないと思います。車がある場合は、車に積んでおくといいと思いました。OS-1は吸収がよく、夏場の脱水時には最も効率的に水分を補給できると思います。ゼリータイプはかさばらず、ごみも少なくてすむのでいいと思います。

・赤ちゃんのおしりふき、あるいは介護清拭用のウエットタオル

赤ちゃんに使えるものはアルコールフリーでお肌に優しいですし、おしりふきは厚手なので何かと重宝します。無香料のものがいいです。

・生理用ナプキン

生理じゃなくても、例えばケガをして血が結構出ている場合など、日本のナプキンは質がよく個包装になっていて清潔なので、病院にかかるまで患部を押さえて止血するのにもってこいです。

・懐中電灯(携帯のライトでも代用可能ですが充電がなくなると元も子もないので)

・タオル数枚

・ゴミ袋

・ライター

・軍手

・厚手の靴下

・眼鏡

これらはマストですよね!

・銀行通帳、銀行印、現金いくらか、身分証明書

・モバイルバッテリー

 必ず充電しておく!

以上は、すぐに持って飛び出せるように大きめのナイロンバッグに入れて枕元にスタンバイしてあります。

私の場合は医師免許証と保険医登録証、専門医証書類も入れてます。被災地で役に立てるかもしれないので。

次に、家に置いておくと便利なものは、

・カセットコンロとボンベ

・ドライシャンプー

・介護用のすすぎのいらない洗浄料、もしくは赤ちゃんの沐浴用洗浄料

これ、今本当に役にたっています。

洗面器に水とこれを混ぜたものを入れ、タオルに含ませて清拭しています。肌にも優しく、思った以上にすっきりします。

・マウスウォッシュ

今は水道が使えるので普通に歯磨きできますが、水道が止まった時に。

・ユニクロのエアリズムTシャツ、リラコ、長袖パーカー

早く乾くし、2組くらい持っておけばくるくると丸めてすぐに持ちだすことができます。

・ロキソニン、正露丸、胃薬

・ビオレのボディシート(さらさらタイプ)

・サボリーノの朝マスク

これねー、最初はほんとに寝坊したとき用の時短のために買っておいたんですけど、朝起きて60秒マスクしておいて、そのあと拭き取るだけで、洗顔と化粧水ケアが完了するんです。

さっきの飛び出し用バッグの中にももうひとつ入れて置こうかなと思っています。

今、茨木かいわいのドラッグストア、スーパーはいろいろと品薄状態です。

 カップラーメンコーナー

 保清ものコーナー

梅田はまだものが有り余ってる感じなので、勤務後の帰宅時に毎日ちょこちょこと何かしら買って帰るようにしています。

阪神大震災、東北大震災、熊本大震災などの際には、もっともっともっと怖かっただろうし、不便もたくさんあったと思います。

まだまだ気が抜けず、夜も眠れない日が続いていますが、どうかこれ以上の不便が増えることなく、1日も早くまた元の日常に戻れることを祈ります。

皆様も、まずは身の安全を第一にしてお気をつけてお過ごしください。

不安と寝不足で心身ともにお疲れだと思います。

皆様が安心して過ごせる夜が一刻も早く訪れるようにスタッフ一同お祈りしています

黒田でした