小顔治療いろいろ

いつも当院のブログをご覧いただきありがとうございます

更新が少し滞ってしまいました

皆様、お肌の調子はいかがですか?

気づけばもう4月も後半を過ぎましたね。。。早いわ~。

さて、今日は小顔治療いろいろについてお話しますね

当院のメニューにも、小顔治療がたくさんあり、どれを選べばいいのかわからない・・・という患者様もおられると思いますので、少しでも参考にしていただければと思います

小顔治療をご希望でご来院される方は、二重顎、フェイスラインがもったりしている、輪郭が変わってきた、といった主訴がほとんどです。

やっぱり、顔を小さくしたい!と思うと脂肪溶解注射をご希望される方も多いのですが、そのお顔のお悩み、脂肪のせいだけではないのです

脂肪溶解注射(BNLS neo)をおススメするタイプは・・・

・お体も含めややぽっちゃり型

・正面を向いていても2重顎がはっきりしている

・顔をうつ向かせた時に顎下からフェイスラインに脂肪がだぶついている

・気になる部分をつまんだ時に、明らかに皮膚ではなくて脂肪がつまめる

・むくんで顔がパンパンになることが多い(←これは脂肪溶解注射の副次作用である、リンパの流れをよくすることで改善できることがあります)

お顔のリフトアップ治療(サーマリフト、EMS、ウルチェ)をおススメするタイプは・・

・気になるところをつまんだ時に脂肪よりも皮膚がつまめる

・正面を向いた時にフェイスラインがはっきりしない

・アンチエイジング世代(30代以降)

・ほうれい線、マリオネットラインなどお口回りのシワが目立つ

ボトックス注射をおススメするタイプは・・・

・顔の横幅が広い

・笑った時や奥歯をかみしめた時に顔が横に広がる、耳下の顎ラインがもりっとする

・気になるところをつまんだ時に脂肪よりも皮膚がつまめる

簡単に分けると以上のような感じかなと思います。

もちろん、それぞれがミックスしている場合もあるので、複数治療を組み合わせた方がよい場合もあります。

BNLS neoをご希望でご来院いただいた患者様を診察し、「これはBNLSではないな・・」と思った時に、ウルチェなどをおススメして施術していただいた結果、ぼんやりしていたフェイスラインがはっきりと現れることがあり、「これ、脂肪じゃなくてたるみだったんだ!」と驚かれることも多々あります

フェイスラインを際立たせたうえで、もしまだ顎下などにもたつきがある場合は気になるところにBNLS neoを追加すると、よりすっきりした輪郭をgetできるのではないかと思います

30代以降のアンチエイジング重視世代(私もそうです)は、お顔の筋肉も皮膚の支持性も弱ってきているので、ウルチェαで筋肉を引き上げ、それを支える皮膚のタイトニングをしっかりしておかないと、脂肪を減らしただけでは見た目は変わりません

また、顔の横幅が以前から気になっている・・・という場合にはボトックスですぐに解決することもできます。

カウンセリング時にお顔をぐいぐいつまませていただいたり、うなずいてみてー、笑ってみてー、奥歯かみしめてみてー、などいろんな表情をしていただいて、最も効果が得られそうな施術を選ばせていただきますので、お気軽にご相談くださいね

今日もたくさんの美意識高い系患者様とお話しさせていただいてとっても勉強になりました

私が施術に当たるときはべらべらしゃべることが多いので、静かにしてほしい時は言ってくださいね・・・。

美容院でもありますよね、シャンプーの時は話しかけないで・・・みたいな(笑)。

でもウルチェαの時は、私も特に集中してやるので、口数少ないかもしれませんが・・(笑)。

皆様のご来院をお待ちしております

黒田でした