美容クリニックに行くのはずるいの?

いつも当院のブログをご覧いただきありがとうございます

少しずつ暖かくなってきましたね・・・というか寒暖の差が激しすぎる~~!

ちょっと私の肌もお疲れ気味です(おでこが乾燥して、吹き出物が出たりしてます・・)

さて、先日美顔にいらした患者さんとお話ししていたこと。

それは、美肌でもアンチエイジングでも、美容クリニックに行くのはずるいのか?という話題です。

美容クリニックに拒否反応を示す方は少なくないかもしれません。

自分で自分のコンプレックスを受け止め、抗えない老化を自然に受け入れていけることは、それはそれで素晴らしいことだと思うんです

おそらく、そんなことを凌駕するくらいの何かを持っているのだと思います。

でも、特に女性であれば、年々鏡を見るのが憂鬱になったり、「このシミがなければ・・」とか「このシワがなければ・・」と思うことが多いのではないでしょうか。

私も肝斑ができ始めた時に、最初は自分で何とか・・・と、いろんな高額化粧品を使ったり、ドラッグストアでサプリを買ったり、エステに通ったり、ずいぶんと長い間格闘していました。

それに加えて、私はよく笑うのと、体型が細身で、かつ体重の増減が激しいことが仇となり、ほうれい線も目立つようになって・・・セルフケアでなんとかしよう(今となれば間違えたやり方もありました)とあがいていました。

でも、年々悪くなるばかり・・・鏡や、電車の窓にうつる自分に失望したり・・。

それで、思い切って美容クリニックのトーニング治療を受けることに決めました。

決して安い値段ではないですし、これでダメだったらどうしよう・・・と不安になりつつ・・。

すると!!!あーーーーんなに長く悩んでいた肝斑が、トーニングを続けることによって目に見えてよくなったんです

悩んでいたほうれい線も、あっという間にヒアルロン酸で目立たなくなりました!

ヒアルロン酸は、当院の有年院長と、郡司先生に入れていただいたのですが、「不自然にならないように、消す、というより浅くしますね」と言って入れていただき、本当に自然にふっくらとしました(やりすぎ、入れすぎ、他人になんか入れた?と言われるのは嫌ですよね)

単純ですが、それだけで、ものすごく気持ちがオープンになります。

同じ悩みを持っている友達にも勧めてあげられるくらい余裕が出てきます。

余裕がある人は、それだけでも美しいですよね。

そういう余裕を、医療という科学的な観点から手に入れることができるのであれば、それはすごく価値のあることなんじゃないかな、と思います。

人間だれでも年をとります。それは避けられないことです。

でも、どうせなら、内面も、外面も美しく年を重ねていきたいですよね

「美容クリニック中毒にならないの?」と不安に思う方もいるかもしれませんが、それについてはまた今度

美容クリニックでは治せない私の今の悩み・・・それは便秘・・

ちゃんと病院にもいったんですよ!一時は薬も飲んでたんですよ!でも治んないの!!

最終的に言われたのは「運動不足ですね・・・」

はい、ちゃんとします。ごめんなさい。

それからヨーグルトも続けます。。。

R1箱買いwwww

黒田でした