涙袋あれこれ

いつも当院のブログをご覧いただきありがとうございます

今日新聞で、白浜のパンダが世界を救っているという記事を見て、和歌山県民の私はなぜかとてもうれしくなりました🐼。まあ、実家から白浜までは100km以上離れていますが・・・。

さて、本日は前回のブログに続いて涙袋あれこれを書いていきますね。

涙袋があると、縦方向に目が大きくなり、かわいらしく幼い印象を与えます

私は涙袋が全然ないタイプなので、ふっくらした涙袋には憧れますもっと若ければきっとヒアルロン酸で涙袋形成をしていただろうなーと思います・・・(私くらいの年齢になってくると涙袋どころではなくアンチエイジングに力をいれなければ・・・)。ほんっとに若いときからもっとちゃんとしてりゃよかった←切実。

ヒアルロン酸での涙袋形成をするときに、どういう涙袋にしたいか、というのを教えていただければ、注入する量や形を調整しやすいです

笑顔になっていなくてもぷっくりとしていて、はっきりとした涙袋、例えば・・・

 板野友美さん

 きゃりーぱみゅぱみゅさん

 佐々木希さん

 坂口杏里さん

などが挙げられます。はっきりした目元(幅広い末広二重や平行二重)の方はより目元が強調されますね

また、非常にわかりやすいので患者さんの満足度も高いと思います。

ただ気をつけないといけないのは、前回のブログにも書きましたが、目袋が大きい方がこのようにがっつり涙袋を形成すると・・・

 こんな感じで目下に2本の線ができてしまいます

こういう時は、目袋の下の線をヒアルロン酸でフラットにしてから涙袋を形成するか、眼窩内脂肪除去を行ってから涙袋形成するとよいと思います。

次は無表情でふっくら、笑うとぷっくりする涙袋・・・

 石原さとみさん

 泉里香さん

 トリンドル玲奈さん

のような感じです。

非常に自然で、どのような目のタイプの方にも合うんじゃないかと思います

涙袋形成は、ヒアルロン酸を多かれ少なかれ「入れる」ので、無表情でも少しふっくらすることになります。笑った時に自分本来の涙袋も加わってぷっくりする感じです。

仕上がりを無表情で確認したときに、何か物足りない・・・あんまり変わってない・・・と感じられるかもしれませんが、一度にっこり笑顔で確認してみてくださいね。

最後に、無表情だと涙袋はほとんど目立たない、笑った時にぷっくりするタイプは

藤田ニコルさん

みちょぱさん

なんか意外(笑)。写真の撮り方にもよるかもしれませんが・・・。

これはなかなかヒアルロン酸注入では作りにくいですね

ただ、「笑ったときにこれくらい」という感じでお伝えいただければ参考になります。

人それぞれ、目の形や眼輪筋の発達具合(もともとの涙袋の大きさ)が違います。

一緒に確認しながら、素敵な目元を作るお手伝いができればと思っています

あ、練乳買いました。

ではでは。

黒田でした