埋没法に改良を加えた最先端の方法

従来の埋没法は手軽に手術が出来る代わりに、糸が外れやすいという欠点がありました。
突然片目だけが一重に戻ってしまったら、大変なショックを受けると思います。
外出先で起こったらどうしよう・・と思われることでしょう。
これを改良したのが、二重埋没直視下挙筋法です。

従来の埋没法は埋没瞼板法といいます。まぶたの脂肪が多い場合、きれいなラインを出すために数ヶ所とめるのは二重埋没瞼板法も二重埋没直視下挙筋法も同じです。
二重埋没直視下挙筋法の大きな特徴は、糸のかけかたです。

まぶたの裏側に完全に糸を通してしまうのではなく、皮膚と目の裏にある瞼板という結合組織で糸を止めます。
それによって糸の結び目が筋肉の中におさまり、結び目が角膜に接触しないため角膜を傷つけることがないという素晴らしいメリットがあります。

埋没瞼板法の場合、まぶたの裏にほんの少しゴロゴロする感じがするのですが、二重埋没直視下挙筋法では全くそれがありません。

治療後の腫れやツッパリ感が少ないことも、埋没瞼板法との大きな違いです。
メスを使わないことで、切開法と比べると腫れはもちろん圧倒的に少ないのですし、瞼板法と比べても、二重埋没直視下挙筋法は糸のかけ方の工夫によって腫れが少なくなります。

まったくないわけではありませんが、人から見て明らかにおかしい、不自然といったことはごく稀なケースです。多くの方が人に気づかれずに手術を受けて美しくなられています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする