切開法は傷が気になる?

アイメイクに流行があるように、二重のラインや目の形にも流行があるようです。
少し前にデカ目が流行りました。

当時は切開法でのくっきりとした二重を望まれる方が多く、より大きく、よりくっきりという感じでした。現在ではやや流行が落ち着いてきて、自然な感じの二重を希望される方が多いです。

まぶたに脂肪が厚めについている方の場合は、切開法という方法が従来行われてきました。
手術の手順をご説明しますと、まずメスで二重のラインに沿って切開します。次に上まぶたの脂肪を取り除き、二重のライン上を縫合します。のちに抜糸を行います。

切開法の場合はかなりくっきりとした二重のラインが出来ます。その代りに、メスで切開して縫合するためにどうしても傷痕が残ってしまいます。
傷の部分はメイクでカバーすることは出来ますが、やはり目立つ部分なのでどの程度の傷になるか気になると思います。

切開法で手術をすると、2週間程度の腫れも起こります。腫れがひくまでの間はサングラスで目元を隠す方もおられます。

切開法はくっきりとした二重を作る方法ですが、くっきりしすぎて不自然になる場合もあるため、躊躇される方は多いです。

もちろんデメリットばかりではありません。
埋没法ではできないくっきり二重になれますので、切開法を希望される方も多いのが現状です。

7025f2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする