テープやペーストでかぶれを起こすこともある

二重になるために様々な努力をしている人たちは、一時的に二重にするためのアイテープを瞼に貼ったり、瞼にペーストを塗る等の方法をとっていると思います。

これらの方法は一時的な効果ではあるものの、手軽でコストもあまりかからないために、よく使われています。
ところがこのテープやペーストによって皮膚のかぶれを起こしてしまう人も少なくありません。

目の周辺はとても繊細で皮膚の薄い部分です。テープの裏には糊がついており、ペーストはそれ自体が糊ですので、長時間付けていることで、皮膚に炎症を起こすことがあります。
皮膚の弱い人は、救急用の絆創膏でも皮膚がかぶれてしまいますので、ペーストのように肌に直接糊を塗ることは、肌に大変なダメージを与えます。

そして、テープには接着面の糊だけでなく、別の問題があります。テープをはがす際に瞼がひっぱられ、それを何回も続けることで、瞼の皮膚がたるんでしまうことがあります。
そのため眼瞼下垂のような症状になり、手術が必要になる人もおられます。

このように皮膚の弱い人の場合は肌トラブルを起こすことが多いので、テープやペーストの使用はおすすめできません。
そのため皮膚の弱い方にはテープやペーストよりも二重の整形をおすすめします。

7025f2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする